法人の寄付金の損金算入限度額とは  
   法人が各事業年度において寄付金を支出した場合には、法人税法上一定の損金算入限度額が次のとおり認められています。日本赤十字社兵庫県支部への寄付金は、特定公益法人への寄付として、一般寄付金とは別枠で、損金算入限度額へ算入できます。
     
①一般寄付金の損金算入限度額  
     
   一般寄付金を支出した事業年度の資本金等の金額に、その年度の事業月数の割合と1000分の2.5を乗じて算出したいわゆる「資本基準額」と、その事業年度の所得金額に100分の2.5を乗じて算出した「所得基準額」との合計額の4分の1に相当する金額。
   

(資本金

×

事業月数

×

2.5

所得金額

×

2.5

)×

1

12

1000

100

4

*資本の金額又は出資金額を有しないものの場合は、所得金額の100分の1.25相当額

   
②特定公益増進法人への寄付金の損金算入限度額  
     
   特定公益増進法人への寄付金を支出した事業年度の資本金等の金額に、その年度の事業月数の割合と1000分の3.75を乗じて算出したいわゆる「資本基準額」と、その事業年度の所得金額に100分の6.25を乗じて算出した「所得基準額」との合計額の2分の1に相当する金額。
     

(資本金

×

事業月数

×

3.75

所得金額

×

6.25

)×

1

12

1000

100

2

*資本の金額又は出資金額を有しないものの場合は、所得金額の100分の6.25相当額

   
計算例  
   

★資本金1億円、所得金額2,000万円、事業月数12カ月の場合の寄付金損金算入限度額

   
  一般寄付金の損金算入限度額  
    {(1億円×12/12×2.5/1000)+(2,000万円×2.5/100)}×1/4=187,500円
   
  特定公益増進法人への寄付金の損金算入限度額
    {(1億円×12/12×3.75/1000)+(2,000万円×6.25/100)}×1/2=812,500円
   
 

赤十字社への寄付金については、他に一般寄付金や特定公益増進法人への寄付金がない場合は、

187,500円と812,500円の合計額まで認められますので、1,000,000円となります。

   
  他に損金算入する寄付金がある場合は、その額を除いた金額となります。
   
  *詳細については、会計士や税理士など専門家の方にご相談ください。