このページの先頭です

本文へ移動

ここから本文です

寄付をしたい寄付をしたい 社資募集について (写真)

    

法人・団体様からの活動資金へのご協力のお願い

 

 日本赤十字社は、国民保護法や災害対策基本法などに定められる指定公共機関として、また、日本赤十字社法に基づき設立された公の支配に属する事業を行う法人として事業を実施していますが、その中立性と独立性が強く求められることから、税金等の公的資金ではなく、会員の皆さまから拠出いただいた会費や広く皆さまからお寄せいただいた寄付金などの浄財をもとに、災害救護活動や国際活動など多岐にわたる事業を実施しております。

 兵庫県支部では、地域や学校での活動から、国際救援活動まで、さまざな活動を行っています。

 

 近年、CSR活動の一環として、企業の社会貢献活動が活発に行われていますが、その活動の一環として、多くの企業さまに赤十字の理念や人道的活動にご賛同いただき、広く活動資金へのご支援をお願できれば幸いです。皆さまのご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

   

税制上の優遇措置 表彰について
ご協力企業のメリット 赤十字支援マークの使用について
ご協力の方法 活動資金協力法人のご紹介

 

 法人の皆さまから赤十字社の活動資金としてご寄付いただいた場合、「指定寄付金」又は「特定公益増進法人に対する寄付金」として、税制上の優遇措置を適用することができます。
 毎年、財務大臣が指定する事業に対して、募集期間内に寄付をいただいた場合に、適用されます。兵庫県支部では、2万円以上のご寄付について、10万円以上の寄附金から優先的に適宜適応しています。

 *損金算入限度額にかかわらず「全額損金算入が可能です

 *募集期間: 毎年4月1日〜9月30日 (限度額に達した時点で終了です)

 

   ⇒ 【詳細はこちら】

 
 前述の指定寄付金以外で法人の皆さまからご協力いただいた活動資金は「特定公益増進法人に対する寄附金」として税制上の優遇措置を適応することができます。

  

 *一般寄付金の損金算入限度額とは別枠で特定公益増進法人に対する寄付金の特別損金算入限度額の範囲内で損金算入可能  【損金算入限度額とは?】

 *募集期間: 年間

 *募集金額: 制限なし

 *寄付金の使途: 制限なし

 *法的根拠: 法人税法第37条第4項

 

*災害義援金についても、原則として、優遇措置が適用されますが、その取り扱いが変更となる場合がありますので、義援金募集要綱等により、ご確認ください。

 通常の義援金は、日本赤十字社でも受付けできますが、適用条文は、「法人税法第37条第3項の1」となり、「国等に対する寄附金」となります。

 

このページの先頭へ

   

 赤十字の滑動資金として、ご協力いただいた場合、金額に応じて、表彰規定により、感謝状等を贈呈します。

 感謝状等は、毎年秋に開催される「兵庫県赤十字有功章等贈呈式」で、贈呈することを基本としていますが、ご希望により、それ以前に贈呈することも可能です。

     
表彰基準
 
表彰種別 表彰基準

支部長感謝状

一時又は累計(10年以内)に10万円以上20万円未満の寄付金品

銀色有功章

一時又は累計(10年以内)に20万円以上50万円未満の寄付金品

金色有功章

一時又は累計(10年以内)に50万円以上の寄付金品

社長感謝状

金色有功章受章後、50万円以上の寄付金品。

詳細は、表彰基準をご覧下さい。
 
表彰基準
 公益団体に対する寄付として、下記の金額のご寄付については、日本赤十字社の表彰に加えて、法人・団体への褒状または厚生労働大臣感謝状の具申対象となります。

(贈呈は、国の定めた基準に該当された方に限られます。)

 
表彰種別 表彰基準

厚生労働大臣感謝状

一時または年度内累計で300万円以上1,000万円未満の金品

褒 状

一時又は数次(初回から最終回の寄付までが3年以内)に1,000万円以上の金品

*数次のご協力により褒章をご希望される場合は、あらかじめの申込書が必要ですから、日本赤十字社兵庫県支部振興課へご連絡ください。

*詳細は、表彰基準をご覧下さい。

 

このページの先頭へ

 

 赤十字の活動資金にご協力いただいた場合、税制上の優遇措置以外に、兵庫県支部として、次の特典を提供します。

 

活動資金協力法人のご紹介

兵庫県支部では、赤十字事業資金にご協力いただいた10万円以上のご支援をいただいた企業を、日本赤十字社兵庫県支部のホームページで、「社会貢献事業として赤十字にご協力いただいた法人・団体の皆様」と題して、法人名とコメントを、ご紹介すると共に、協力法人・団体様のホームページにリンクも行っています。

 また、指定寄付金としてご協力いただいた企業名も掲載しています。

*記載の了承が得られた法人・団体さまのみを掲載しています。

 

指導員派遣のページ

兵庫県支部では、誰もがもっている「苦しんでいる人を助けたいという優しい心」を行動に移す自信と勇気を持っていただけるように、正しい手当の知識と技術をお伝えする「赤十字の講習」を実施しています.

講習の内容は、別紙一覧表をご覧ください。基本的には、1科目2時間を標準としていますが、変更も可能ですので、ご相談ください。最近は、AEDの設置が進んでいることから、一次救命処置の講習が増加しています。

従業員の安心安全のために、また、従業員やご家族の皆様の福利厚生事業の一環として、救急法等の講習をご活用ください。

  

詳細は、「指導員派遣のページ」をご覧ください。

  

 なお、5万円以上の赤十字事業資金にご協力いただいたご法人様については、ご希望により、赤十字救急法等の指導員を無料で派遣することとしております。

 (教材費等は必要です。)

このページの先頭へ

  

赤十字標章の使用については、ジュネーブ条約をはじめ赤十字の標章及び名称等の使用の制限に関する法律(昭和22年法律第159号)、商標法(昭和34年法律第127号)などの法律に基づき、その使用に制限が設けられています。

 赤十字標章を病院や医療を象徴するマークだと思っている人も少なくないようですが、国内において使用できるのは日本赤十字社と自衛隊の衛生部隊、国、地方自治体など武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(平成16年法律第112号)に基づき認められている組織だけです。また、一般の病院や商品等に付けることや赤十字標章に類似したマークを使用することも法律で禁止されています。

 日本赤十字社兵庫県支部の資金や活動をご支援くださる法人・団体さまには、「赤十字支援マーク」をご利用いただけます。

ご使用にあたっては、「赤十字支援マークの使用に関する覚書」を結んでいただきます。

詳細は、次のページをご覧ください。

赤十字支援マークの使用のページ

赤十字マークについて

赤十字標章に関係する条約・法令等(抜粋)

  

 

地域でのご協力のページ

 税制上の優遇措置を受ける為の領収書が必要な場合は、各市区町村の赤十字業務担当窓口または日本赤十字社兵庫県支部にお申出下さい。適用条文を記載した領収書を発行します。

  

郵便局・銀行でのご協力のページ

 郵便局又は銀行の窓口から、10万円以上を振込む場合、登記簿謄本、登記簿抄本、印鑑登録証明書などの提示が必要です。
詳細は、次のページをご参照ください。
 【郵便局(ゆうちょ銀行)】   【三井住友銀行】

 振込みが面倒な場合は、日本赤十字社兵庫県支部 振興課までご連絡ください。

 日時を調整のうえ、訪問させていただきます。

 

店舗などに、チャリティーBOXを設置いただき、適時、お振込みいただく方法です。

チャリティーBOXは、兵庫県支部から貸し出しします。

【設置要綱】       【設置申込書】

*兵庫県支部から専用振込用紙をお送りいたしますので、それによりお振込みください。

振込手数料は、無料です。  

  

飲料の自動販売機を設置いただき、売上金の一部をご寄付いただく方法です。

*設置にかかる費用は無料です(電気代は、設置者のご負担となります。)

*自動販売機の設置・管理、売上金の回収、寄付金の送金は、全て業者が行います。(無料)

*設置者の収入額やの寄付金額の割合は、契約内容により異なります。

*寄付金を受領後、日本赤十字社兵庫県支部から領収書を送付します。

 詳細はこちら → 【ご案内】  【設置申込書】

協力飲料販売会社(業者): アサヒ飲料株式会社、株式会社 伊藤園

                  関西キリンビバレッジサービス株式会社

                  コカ・コーラウエスト株式会社

                  サントリービバレッジ株式会社

   

設置を希望される場合は、設置申込書にご記入のうえ、FAXまたはメールを送信願います。

販売会社からご説明したうえ、設置可能であれば、販売会社との間で契約書を締結していただきます。

 

 

 設置をいただいているご協力法人はこちら

   

法人・団体様からの活動資金についてのお問合せは、次の担当課にお願いします。

 日本赤十字社兵庫県支部 事業部 振興課

 電話: 078-241−8921    FAX: 078−241−6990 

活動資金の資料請求はこちら

このページの先頭へ